長男が『保育園行きたくない』と言ったとき、私は。③

子育て
この記事は約7分で読めます。

  

こんにちは、くおです。

   

長男が『保育園行きたくない』と言ったとき、私は。①、②の続きになります。

 ①②を読みたい方はこちらからどうぞ↓

  

  

長男と一緒に過ごす中で

私の変化とともに

長男の心にも変化が訪れました。

  

  

  

長男の「ほんとうはね」

  

本やYoutubeでの勉強、ベビーマッサージを続けて

私の考え方が変わり、

  

子供のやりたいことに付き合って

自分の叱り方や褒め方を改めて実践し続けた結果、

  

  

  

長男はこんなことを語り出しました。

  

  

  

「ママ、ほんとうはね、

○○先生がこわくて

ほいくえんに いきたくないんだ。

  

長男ね、ひとりだけ○○先生に おこられたの。

なんで おこられたか わからない。

みんなで おなじことをしたときにね、長男だけ おこられた。」

  

「ママに いうとね、また おこられると

おもったから いわなかった」

  

  

  

私から見れば、まだまだ小さな4歳の長男。

  

  

  

その小さな体で

必死に隠した心の中の声を

ポツポツ、少しずつ、ゆっくりと

ママに打ち明けてくれたのでした。

  

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sad-4604666_640.jpg

   

その瞬間…

  

  

  

やっぱり私が言い出せない環境作ってたんだ…

私のせいやん…と思った。

けど

  

  

  

長男のSOSを感じたのは間違いじゃなかった。

勉強したりやマッサージを学んで実践してよかった。

  

って思いました。

「きっと、これで良かったんだなぁ」って。

  

  

 

だって、長男が心の声を話してくれたってことは

少しでもママを信頼してくれた証だと感じたからです。

  

  

  

長男の中でママは

 

先生とママはいっしょ

 

から

 

「ぼくをまもってくれる」人、

「しんじることができる」人

  

に昇格したってことかなって。

  

  

  

長男をぎゅーって抱きしめて、

「話してくれてありがとう」って言いました。

   

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mother-2605132_1280-683x1024.jpg
大好きだよ

   

元気になった長男と

  

それからは長男は何かを吹っ切ったように

みるみる元気になっていきました。

  

  

  

保育園にいる時より成長が目覚ましく、

よくしゃべるし活発!

   

土曜日は保育園で仲の良い友達と公園に集合して

遊ぶようにしたら更に元気になってくれました。

   

家ではハサミやテープ、のりを使って工作

 

マジックや色鉛筆で私が描いた絵に色塗り

  

youtube動画を見ながら折り紙で大好きな恐竜を作ったりしました。

  

  

  

妹弟にも今までより更に優しく接してくれる長男。

私には思いっきり甘えてくれる長男。

     

     

かわいい!

大好き!

あなたは私の宝物です。

私はいつだってあなたの味方です。

これからもずーっとね!

  

  

  

そんな想いが伝わっただろうか^^

  

  

  

そして長男は、

次男が入園した4月から

少しづつ保育園に行くようになりました。

  

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: children-4894710_1280-1024x576.jpg

  

進級して新しい先生になり少し余裕が出て来たのかな。

   

まぁでも

保育園でママと離れる時には

ものすごいエネルギーが必要なようです。

  

「ママと一緒にいたい!離れたくない!」

  

その気持ちがよく分かります^^;

感情を精一杯出して表現してくれます。

  

休ませようと思った時は

長男が感情を出すのを我慢していたからですが

今は精一杯出してくれるので

嬉しく思いつつ心が痛くなりつつ送り出します。

 

  

 

まだまだ「ママと一緒にいたい」という長男。

可愛すぎる!大好き^^

   

とにかく「素敵なできごと」の連続でした

 

「保育園に行きたくない」

 

そう聞いて「どうしたらいいのか」と真剣に向き合った結果、

 

わが子に対する「ママ力」りょくの爆上げにつながりました⤴⤴ 

 

 

わが子がどれほど尊いかが良く認識できたし

自分の人生・子育てにおいて「長期的に考えられる」ようになりました。

  

  

  

子供のできなかったことを

「がんばって取り組めてたね」って褒められる自分になりました。

 

 

長期的にみるからこそ

「今」という時間を大切にできるんだろうと思います。

 

 

 

3人子供がいると「大変ですね」ってよく言われます。

 

確かに目まぐるしい日々で

 

「あっという間だった!」ってなるんだろう。

 

時には

イライラしたり

思い通りに行かず涙をながしたり

落ち込むことだってたくさんあるけど

   

しっかり「今」という時間を

見つめて

大事にして

楽しんで

 

ひとりひとりと目を合わせて

表情を見て

心からきちんと向き合って

 

「あなたの存在は偉大だよ。大切なんだよ。」

  

って伝え続けていきたいです。

 

 

 

大切な子どもたちだから。

 

 

 

愛してるから。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: heart-762564_1280-1024x682.jpg

 

 

おわりに

  

読んで下さりありがとうございました。

 

完璧主義な自分は、子供にも完璧を求めてしまいがちで

 

私は長男に「それ」を求めてしまっていたんだと気付くのに

 

結構時間がかかりました。

 

自分はダメな母親だと

 

自分で自分にがっかりして

 

泣いていました。

 

心が痛くて痛くてたまりませんでした。

 

でも、向き合って良かったです。

 

自分の心にも耳を傾けることが出来たから。

 

人生はきっとこれの繰り返しなんだろうと思います。

 

自分の為に、長男を休ませてみたようなものだったかも。

 

もしかしたら保育園に行きながら勇気づけることの方が

 

すんなり行ったのかもしれません。

 

「同じような経験をした」というお母さんたちは皆、

 

休ませるのではなく「行ってこい」と背中を押していたからです。

 

そして共通することが一つ。

 

「あなたの味方だよ。」

 

「何も悪いことしてないんだから!堂々と行ってこい!」

 

わが子を心から信じていること。

 

信じているからこそ背中を押せるんですよね。

 

また同じようなことがあった時、

 

たくましく「堂々と行ってこい」と背中を押せるように

  

わが子の涙をみてオロオロしないように

 

慌てないように

  

学び続けて行きたいです。

 

長男がくれたこの時間は

 

私を成長させてくれるチャンスの時間でした。

   

くお
くお

じゃなきゃ、

 

自分が我が子にしていたこと、

 

言ったことを顧みずに

 

人生を終えていたかも。

 

SOSに気付かずにSNSしたり

 

ブログや動画編集の勉強してたかも…(汗)

   

感謝です^^

  

  

   

ではまた!ばいにゃん♪

  

 

 ①②を読みたい方はこちらからどうぞ↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました